本文へスキップ

富士箱根伊豆国立公園

開館時間 9:00〜17:00(最終入館は16:30まで)

TEL:0460-84-9981

ナビゲーション

information

環境省
箱根ビジターセンター

〒250-0522
神奈川県足柄下郡箱根町元箱根164
(TEL)0460-84-9981
(FAX)0460-84-5721
(Email)
hakone-vc@kanagawa.email.ne.jp

無料駐車場完備(40台)

平成29年の休館日:
12/28〜1/1、 6/14〜6/15


☆バリアフリー対応
・ウォッシュレットトイレ
・車イスの無料貸出し
・筆談
・車イス対応自然観察コース


館内案内

 箱根パークボランティアについて
箱根パークボランティアは昭和60年に設置されました。主に箱根を活動の場として、約120名(2017年現在)が登録されています。
ゴミ拾い等の清掃活動、動植物の調査、自然ふれあい活動、登山道補修活動などを通して、魅力的な箱根の自然を伝えるとともに、訪れる方々が気持ちよく国立公園を利用出来るような活動を続けています。


自然ふれあい活動

ビジターセンター周辺での定期的(毎月第2・4金曜日)な自然観察会や学校関係への環境教育、箱根の山やハイキングコースでの自然解説活動など、箱根の自然を楽しむためのお手伝いを行っています。
夏休みとGWの特定期間は毎日、箱根ビジターセンターでふれあい活動をしています。

 

イノシシの穴
動植物の調査
毎月1回、決められた箱根のハイキングコースに出かけ、この時期見られる植物や動物の最新情報を収集しています。集めた情報は「箱根自然情報トップ10」としてまとめ、箱根ビジターセンターで発信をしています。




保全活動
箱根の自然を利用しやすく保つため、定期的にゴミ拾いや歩道維持管理、外来生物の駆除等のお手伝いも行っております。
国立公園の基本「保護と利用」を大切にし、来訪者はもちろんのこと、自分たちも動植物も、皆が利用しやすい公園を守っています。




 

 箱根パークボランティアになるためには

 1.パークボランティアとは
環境省では、国立公園において自然観察会等の解説活動や美化清掃、利用施設の簡単な維持修理などの各種活動について、広く国民の参加を求め、一層の活動の充実を図るととともに、自然保護の普及啓発を図ることを目的として、これらの活動に自発的に協力して頂ける方々をパークボランティアとして登録しています。
現在、全国の25国立公園の40地区において、各地区の特性に応じた活動実施計画に沿ってさまざまな活動を行っていただいています。
パークボランティアの募集は各地区の地方環境事務所が行いますが、募集時に開催する研修を受けていただくことなどが登録要件となっています。

 2.主な活動内容
・清掃パトロール活動:歩道や園地でゴミ拾いや公園利用者に対する利用マナーの啓発
・開花調査活動:箱根地域での動植物の状況を調査
・自然ふれあい活動:公園利用者に対する箱根地域の自然資源や歴史、文化を通した自然解説
・その他の活動:外来植物除去、希少植物増殖、パトロール等